松本人志監督「大日本人」はチグハグな映画・芸能ニュースをお届けします

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松本人志監督「大日本人」はチグハグな映画


 ダウンタウン松本人志(43)の初監督作品「大日本人」が公開まであと5日に迫った。映画は公開前に試写会を行うのが通例だが、この作品は松本の意向で、マスコミ、一般含めて試写を一切行っていない。ベールに包まれているため、ますます注目を浴びているのだが、映画関係者の評判はイマイチだ。

「映画関係者」という人で考えると、一般大衆とは違うことが多いですが・・・
「ストーリーは分かりにくいといわれていますが、意外に単純です。時代設定は現代。松本が演じる“大佐藤”は家業を継ぎ、6代目大日本人として暮らしています。大日本人は防衛庁の任務で電流を浴びて大きく変身し、怪獣と戦うヒーローになる。だが、時代の変化で大日本人に批判が集中。そんな中、4代目の祖父の介護もあり、忙しい日々を暮らす大佐藤の前に強敵が登場。絶体絶命の大佐藤に意外な援軍がやってくる……というもの。松本が『ごっつええ感じ』でやっていた“ゴレンジャイ”の延長というか、ウルトラマンのようなヒーローもののコメディーです」(映画担当記者)

 怪獣役は神木隆之介などが演じ、大佐藤のマネジャー役としてUAが出演する。映画の終盤で大佐藤のピンチを救う米国のヒーロー4人組を、千原ジュニア、宮迫博之、宮川大助などが演じている。

 19日(日本時間20日)にカンヌ国際映画祭で初公開された際、席を立つ人もいたというが。

「上映後には“何が面白いのか分からない”“編集がちょっと”と厳しい意見もあった。映画の冒頭で松本は“アメリカはどちらかというと嫌いやねん”と言っているのに、チグハグな結末になるしね」(前出・映画担当記者)

 松本は徹底的に情報の流出をシャットアウトした。映画のデキに自信がなかったためという声も出るほどだが、公開後の評価は果たしてどうなるか。松本、大丈夫か。

まあ、わからん人も多いでしょうね。これまでの松本人志さんのことを考えると。

しかし、若い人には受け入れられる、というか絶賛されるんじゃないでしょうか。

どうなるかを見届けてから手のひら返す人は多いでしょうね。

まあ、いろんな意味で楽しみな映画ではあります。

(引用:ライブドアニュース
スポンサーサイト
Copyright © 芸能ニュースの歩き方 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。